グラーツひとり旅 思い出し記録 ~その1~

グラーツひとり旅アイキャッチ 観光
ちびすけ
ちびすけ

10月末に、弾丸でグラーツへひとり旅してきました!

ビクターくん
ビクターくん

今回の記事では、その記録を思い出しながら綴っていくよ~

海外での初めてのひとり旅!

10月29日~30日にかけて、突如思い立ってグラーツへひとり旅してきました。

もともと月&金が全休で週休4日という時間割な上、なぜか11月2日が大学の休講日だったおかげで、10月29日(金)~11月2日(火)まで5連休だったんです。

「せっかくの5連休、どこかへ旅行したいけれど誰とも予定が合わない…。でもどうしてもこの連休を無駄にしたくない…。そうだ、なら一人で行っちゃえ!」
ということで、初めて海外でのひとり旅に挑戦しました。

日本では一度、金沢に一人で行ったことがあるのですが、そのときは金沢に住んでいる友達と途中で合流して一緒に観光させてもらったので、最初から最後まで完全なるひとり旅はこれが初めてでした。

ちょっぴりドキドキしながらチャレンジした旅でしたが、今振り返ってみると、グラーツは治安が良く、ウィーンからの距離も近く、初めてのひとり旅に打ってつけの場所でした♪

今回から3回に渡って、グラーツの魅力と旅の記録を綴っていきます。

(執筆しているのが2022年の1月なので、ところどころ記憶がうろ覚えですが、温かい目で読んでいただけると幸いです(^^; )

オーストリアで人口第二の街、グラーツへ

ウィーンからおよそ2時間半

ウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof)からグラーツ中央駅(Graz Hauptbahnhof)までは、特急列車で2時間35分。
2022年1月時点で、片道€20程(3000円弱)で行くことができます。

グラーツってこんな街

グラーツの大通り
グラーツの中心広場(Hauptplatz)から伸びる大通り・Herrengasse。カラフルな建物とお店を眺めながら歩くだけで楽しい♪

シュタイヤーマルク州の州都であるグラーツは、ウィーンに次いで2番目に人口の多いです。

ですが、その人口は24万人程とそこまで多くありません。実際訪れてみて、かなりこぢんまりした街だな~と感じると同時に、日本の人口の多さを再確認しました笑

まずはホテルへ!

アクセス抜群!部屋も綺麗!「B&B Hotel Graz-Hbf」

今回私が止まったのは、「B&B Hotel Graz-Hbf」というホテル。

中央駅から平坦かつ広い歩道を5分ほど歩けば到着できるという、アクセスも安全性も抜群のホテルでした。途中1回だけ横断歩道を渡る必要がありましたが、そこまで交通量も多くなかったので、キャリーケースを引いていても安心してホテルまで辿り着けました!

フロントのお姉さんの対応も親切で丁寧だった上、お部屋も一人では十分すぎるほど広くて綺麗だったので、グラーツに旅行される方にはオススメのホテルです♪

ホテルの部屋
Instagramのストーリーに上げた文字入りの写真しかなかったので、加工で誤魔化す作戦

いよいよ観光開始!

まずは1日乗車券を購入

チェックイン後、部屋に荷物を置いて、いよいよ観光スタートです。

中央駅から旧市街地の中心広場(Hauptplatz)までは、徒歩だと20分くらいかかります。歩けなくもない距離ですが、今回はガイドブックの勧めに従ってトラムに乗ることにしました。

そこで、まずトラムの中央駅へ行き、券売機で24時間乗車券(24-Stundenkarte)を購入しました。

『地球の歩き方』には、24時間乗車券の値段が€5.30と記載されていましたが、私が行ったときは少し値上がりしていました。記憶がちょっと曖昧なのが申し訳ないのですが、たしか€5.60くらいだったような…。

ガイドブックによると、1回乗車券€2.40(これも今はもう少し値上がりしているかも)なので、3回乗れば元を取れる計算に。そう考えると多少値上がりしているものの、24時間乗車券を買った方がお得だと思います♪

市内交通のわかりやすさ◎

グラーツはトラムの路線数が少なく、市内交通の利用方法がとてもわかりやすかったです。

トラムの乗り場は、特急列車の到着した中央駅の前の広場の、エスカレーターを下りた先にあります。

AとB、2つの乗り場がありますが、旧市街地へ行く際は、中央駅寄りのエスカレーターを下りてAのプラットホームへ向かいます。

乗るトラムは、ここに止まる1・4・6・7のどれでも大丈夫!
1本逃してしまっても、すぐに次のトラムが来るので、ほとんど待つ必要がないのが嬉しいところ。

街の中心の「Hauptplatz/Congress」駅までは、わずか4駅、6分で到着します。

ちなみにグラーツのトラムは、ウィーンのトラムよりも新しく、近代的な感じで快適でした笑

コメント